2014年03月04日

岸和田の雀荘での負けパターンに関してⅴ

チートイツイーシャンテンを嫌う理由としては不充分です。


まだ点数に余裕があるからみんな無理はしない。

一発目にドラを押すことになっても関係ありません。

A卓
妹「単純な牌理上では2筒か6筒切りの
方が4枚多いのは知ってますが、良形テンパイ受け入れを
考えて4索を切りました」
そして上家の当たり牌をあっさりツモ切ることになる。
俺が打ち方ってやつを教えてやるよ。

(この●●は、かなり楽しめる内容だと思います。

切る牌の選択をして楽しちゃったんですね。


良形の556の形があったから見切って最速で和了りに来たんでしょう。


ゼンツだとどうなるかの実験です(言い訳)
役なし形テンもないので、必要もないですし。
評価軸がぶれないようにするために設定したものです。


回線切っていいレベル。



このあたりの運営ノウハウも、さすがですね。
マージャ好きは場所は 気に入った場所なんだ
そして 何よりも時には物が 見えたりします
若いときの 5年だったら何度でも 繰り返したいとは
思いますよ(笑)

勝負は最後まで・・・
麻雀・涼崎いづみプロ

小島武夫プロ/飯田正人プロ/荒正義プロ/新津潔プロ/
いつの頃からかベランダにつがいの
鳩が 住み着いてる
リャンメン2つを確定させて最も危険なドラを先切りしたいという気持ちはわかりますが、
もちろん、聞きたいことがあれば、準備していただいてもOKです。
2位の上家に跳満振り込んでまくられるリスクはもちろんありますが、承知の上です。
そこの店は感心するくらい ユニークな 人達です。



第一にこと(収入最大化)、ことです(支出最小化)。
兄「いいね、こういう節操のないリーチは大好きだ」
正義(以下兄)「なあ靖子。




オレもゼンツだし下家はあるようなもの。


いいね、靖子のそういうとこ俺は好きだよ」
配牌は悪くない。


2.日時
2枚以上乗ればラス回避じゃないか!
兄思うけど何でこれ切ったの?」
兄「おい九段」
きっとオレが3s切ったから切ったんだよ。


「ぬるかったかなあ。


大阪の雀荘にルールにゃん⑥

兄「まあ靖子も人の子だし、おかしくないわな」
10月22日(月)に来店予定です。



5人の回答でこれだけ意見が分かれました。

その東南リーチでの1コマひらめき電球

ということは、赤5p単騎で祝儀収入を
狙うのは大いに有効だと思います。
これからは絶対に 叱られるような ミスは しませんと 心に
決めた 一日でした。
ひらめき電球なんと長男なのだ(`・ω・´)
いわゆる 他流試合とでも 言おうか 知らない人と 打ってみたくなるようだ
ついでに感覚的な問題になってしまうんですが、
このあたりを参考にしてください。


南もチートイとかあるけど、こんな単騎で
当たるんならしょうがない。




本年も宜しくお願いします

思い込みも あるのかも しれないが 確率は 高いな

メールはいけないの?

一萬一萬四萬四萬二索三索六索八索八索四筒四筒五筒五筒赤六筒

案外 ほめられるとことに 気づきますね
※パターン付けや理論をまるっと暗記して覚えて打つのが悪いって言ってるわけではありません。


相手は、閃光、(hirokin)、やしゅう。



お兄ちゃんはロリ少女の裸を見るだけで興奮できるのかもしれませんが、私は
興奮できないのと一緒です」
昨日のロン2音譜

ただ、解らなくとも捻り出すように努力いたします。


どこかの地上最強の生物も「強くなりたくば喰らえッ!!」と言ってますし、
捨ててからやたら強くなりました。


インターネットをよく利用する人特に2ちゃんねるなんかをよく見る人はうpろだの
URLを目にした事があるかもしれません。


鳳南なら1ラスで終わりだが、鳳東なら1回ラスってもまだ40pt残る。
第49話『ご家庭にJKはない!』 ヤスコ-鳳南に
降り立ったJK-
あるので 冬場なんかはたまに行く 中華屋です。
基本ルールはすべてルールに則ります。



九種は流さない3

すごくいい感じですよね。


1枚切れを残して先に生牌を切るのは
守備を意識してのことですから、見極めが大事です。


その周辺が待ちの候補に残りやすいんじゃないかと。



FXで最も大事なのは資金管理である。

兄「あー……これは完全に見落としてたわ。
『俺が 居るからかなぁ・・・・・・・???』

親に鳴かれるかもしれないので絞るかもしれないし自分で一枚切ってるんで、すぐ切るかもしれない。



言うなればバカはお断りの内容です」
二人のお客には ちょっと 迷惑だったかな
トップからラスに2つ分落とせば60000点の損失です。

大阪の雀荘での日々




おすすめ記事




posted by 大阪の麻雀 at 01:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。