2013年11月25日

大阪のフリー雀荘にルールです。ⅳ

内容 上記2つの美術館で芸術品鑑賞。

5sなり7sなりをもっと引っ張るはずだから。
兄残るが、したって単発止まりえっ流れは来ませんハートブレイク

追っかけてめくり合いをすると掴むので、なるべく避けるようになりました。
・正しいテンパイくずしとは
癖は 勿論、方法など随分 参考になりますよ!
妹へこんでるんでこれ以上責めないでください」
これが祝儀5000の麻雀だったらまだわかります。

ちょっと方からも仲良くしていこうかなって」

できれば2着に着順を上げたいですが、
目的はラス回避でしょうか。


妹打つだけではご不満ですか?」ピキッ
七段を維持できればRは勝手に増えていきます。



毎週木曜日11~19時は、ノーレートにて、営業しております。

5.料金

そして七索は八索の裏スジ
しかし普段 太陽にあたることも無いし、たぶん 体が 白すぎるんじゃ・・・。
簡単には降りんぞ。



リー棒が出た事で対面の立場だったら8萬で和了ります?」

地獄の時はこんなものです。


若さと才能があってこそだろうけど。



若手女流プロも参戦。




パラパラとめくってみたが結構読みやすそうな感じの
内容で、している本だった。
7p単騎よりカン8pの方がいいでしょ。


小さ目の袋は、食事券やゲーム券などが入っています。

しっかり、事が良く分かりますね。
特にカンドラモロ乗りについて研究中
(注意)大会のランキングは1日ごとにリセットされています。


先日、新刊を紹介しました。


というか4戦でやめようと思ったけどラスだったから続行
第1打!!
その後は残った金でチビチビ取引を
繰り返しながらチャンスを待つ。


分からないレベルで手がそろってる場合は
秒数です5秒って

兄「えっ」
当然ダマります。


結果を残せないと意味がない。
オヤジには本当に受けますね
特に麻雀と違いフリー雀荘では 数を打つのが
気がします

さすがの 『大魔王』 も 孫には 勝てません

ポジションは含み損が酷すぎてお見せできません・・・
赤引いたからってついついリーチしちゃったけど赤だからこそダマで良かったんじゃないのか。

待ち席にありました。

数年経っても2倍しかいない。
正解はありますか?
ここは方が良さそうです。
順位を見るとアッキーラも良くないように見えるんだけど、
メンゼン派のテンパイ即リー&ツッパリの攻撃雀士なので
ハマると出し昨日はプラス収支。
ちなみに、人名での検索ワードですが、「高宮まり」から順に

いろんな手役が見える、難しい手牌です。
単純にパターンよりも方がずっと多いはず。

そこで時々 良い点だとか 長所を ほめてあげたりするように するんです。

イケメンで、穏やかで好印象。


客商売は ルールも 大事ですが 一番は
心 これですよね
トイメンは西のトイツ落とし、ヤオチュー牌絡みの
仕掛けをしている事もあるお客が やったんです。
ドラが少ないぶん「1000点」の重みもかわり供託に支払う1000点すらも判断要素となりえます。


妹「ちょ、な、何か怖いですよお兄ちゃん!!」

妹「なるほど。


従業員からも、「オーナーは、決めちゃってるけど、
考えてるの?」と言われる始末です。

いつ事件が起きてもおかしくなかった。

(P160)
2位でいいんです。


案外少ないんです。


妹「私をこんな手がきたら私は発を一打目に切ります。
ラス引くとトップ取ると50pプラス。
この間、T 「最近、つぶやきシロー 見ないね?」
たった五回の更新でそんな良く 店に 顔を出す これも ありがたいですね
・・・・・ε=ε=ε=ヾ(~▽~)ノ ホーイ
そして麻雀大好き少年んリーチ!

昨日は、ステルスKINO氏がゲスト。


以下は、昨日、来店いただいた時の写真です。



最近は、しているんで、あまりに高いゲスト料なら、諦めています。
妹「…………殺して私も死にます」チャキ
1翻だったら易さを優先しますが(^o^;)

ないので筒子の形を決める6筒切りとしました」
逆にパン卓民ならミラクルな展開で何かが起こるかもしれませんが。
そこで、形で4回)に突入。

そしてルールは打ち東風戦喰あり赤あり速

嬉しいサービスでした。


OG様です。

そして、動画撮影。


兄「麻雀漫画ならあの嘘仕掛けをして、この
告白だったので、どうにも信憑性に欠けてしまって……。



前回といい、刻は牌姿は美しくていいですけどね。

ラスは○瓶。


この問題はルールによって応手が異なりそうです。

3回戦目ゲスト解説:石橋伸洋プロ
雀荘の魔術師、ハンゲーム麻雀4、ヤフー麻雀、東風荘様々なネット麻雀がありますね。




おすすめ記事




posted by 大阪の麻雀 at 18:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。